慣れるって、こわい。

不慣れな状況からはできるだけ早く脱出したいと思うが、
慣れすぎもこわいものである。

慣れるとは、変化がないことだ。

周りの環境が変化しないままだと、その環境下にいる人たちも変化しない。

変化とは、気持ち悪さである。

なにやらいつもと違う、しっくりこない、
でもだんだんとわかってきた、なんだかこっちのほうが気持ちいいかも。

これが成長である。

成長するときは変化を伴い、気持ち悪さがくっついてくる。

慣れは慣れで気持ち良いのだが、あえて不慣れな状況を作るのもいい。

たまにはビジネス書の黙読ではなく、絵本の音読もいいものだ。

追伸。
わらしべちょうじゃ、奥が深い。。。

シャドーより。